Amadeus Airport Operational Data Base (AODB)

Amadeus AODBでは、すべての顧客およびビジネスパートナーに正確なリアルタイム情報を提供し、限りある資源をより効率的に使用して、敏捷性、生産性、競争力を高めるため情報フローを合理化します。

すべての顧客およびビジネスパートナーに正確なリアルタイム情報を提供します。

製品

すべての情報を簡単操作で提供

効率的な情報管理は、旅客とその他の収入源の間に対立が発生した場合に非常に重要となります。Amadeus AODBは必要なすべての情報を簡単操作で提供します。

集中データベース

空港の全オペレーションシステムの集中レポジトリであるAmadeus AODBは、あらゆるフライト関連データを正確かつ効率的にリアルタイムで提供します。

データ入力は一度だけ

必要なデータ入力は手動または自動で一度のみですので、冗長なデータ入力作業が不要となりデータの一貫性と正確さが確保されます。

異なるユーザーニーズを管理

Amadeus AODBは異なるユーザーニーズを考慮に入れます。例えば、空港従業員、航空会社、旅客、税関スタッフへと特定の情報を提供可能です。

非常に柔軟

航空トラフィックは動的であるため、今日のITシステムは高度に柔軟であることが絶対に不可欠です。そのためAmadeus AODBは柔軟性を重視して設計しました。

統合および通信プラットフォーム

Amadeusの統合情報システムのコアとして考案・開発されたAmadeus AODBは、各種Amadeusソリューションと最適に相互動作します。

Amadeusソリューションとの統合

Amadeus AODBは、当社の Flight Information Display System (FIDS)、Resource Management System (RMS)、Virtual Airfield Management System (VAMS)、Extended Airline System Environment (EASE™)、および収益管理ソリューションPROPworks®と最適に相互動作します。

既存アーキテクチャとの統合

既存のアーキテクチャへの拡張・統合向けに設計されたAmadeus AODBは、情報を収集・伝達するのためのサービスを提供し、発着調整システム、航空会社フィード、荷物ハンドリングなどの外部アプリへの接続を促進します。

多様な通信サービス

Amadeus AODBは、SITA、CUTE、EDIFACTを含む多様な通信サービスとプロトコルを用いて、スムーズなオペレーションを提供いたします。

スタッフの反復入力を削減

反復作業はAmadeus AODB導入により不要となりますので、空港職員は重要な作業およびオペレーションに集中できるようになり、空港の全顧客向けのサービスが最適化され、スタッフの入力の手間が省かれます。

フライトスケジュール処理のサポート

AODB Flight Schedule Processing Moduleにより、フライトスケジュールとそれらの拡張、すべてのフライト関連情報をスムーズに処理できます。

スケジューリングとオペレーション処理

Amadeus AODBは、季節フライトスケジュールデータの自動転送から毎日のフライトスケジュールの作成や請求データの処理と提供まで、すべてのスケジューリングとオペレーション処理をサポートします。

改善されたチェック

妥当性チェックの実施を非常に重視した設計となっており、オペレーターによるエラーを早期に特定し回避することができます。

製品のハイライト Amadeus Airport Operational Data Base(AODB)

正確なリアルタイムの情報を提供し、資源をより効率的に使用して、敏捷性、生産性、競争力を高めるための情報フローを合理化します。

全関連データ保管のための集中データベースです。
効果的に情報を管理します。必要な情報を簡単操作で提供いたします。
空港の顧客およびビジネスパートナーのための情報源です。
動的な空港環境への適応を支援する柔軟なソリューションです。
Amadeus Altéa DC, H-RMS、PROPworks®、BRSを含むその他のAmadeusソリューションと統合できます。
Flight Schedule Processing Moduleにより、フライトスケジュールとそれらの拡張、すべてのフライト関連情報をスムーズに処理できます。

Amadeusのソリューションの詳細については、私たちにお問い合わせください。