GPLの施行に向けたアマデウスのコミットメント

 

当社のコミットメント

アマデウスは、対象ライセンスの終了に起因する訴訟手続または請求(防衛措置以外)を提起または提訴する前に、対象ライセンスに違反していると主張された個人または団体(以下「お客様」)に対し、GPLバージョン3から取得された治癒および回復を拡張することに全力を尽くします。 ここで使用される「本ライセンス」という用語は、施行される特定の対象ライセンスを指します。

ただし、本ライセンスのすべての違反行為を中止した場合、特定の著作権者からのお客様のライセンスは、(a)著作権者が明示的かつ最終的にお客様のライセンスを終了するまで暫定的に、(b)著作権者が、停止後60日後より前に違反について合理的な手段でお客様に通知できなかった場合は恒久的に、回復されます。

さらに、著作権者が何らかの合理的な手段で違反についてお客様に通知した場合、その著作権者からの(あらゆる成果物に対する)このライセンスの違反通知を受け取ったのが初めてである場合、そして、お客様が通知を受け取ってから30日以内に違反を治癒した場合、特定の著作権者からのお客様のライセンスは恒久的に回復されます。

アマデウスは、このコミットメントをアマデウスとアマデウスの著作権の譲受人または継承者に対して拘束力があり、施行可能であると考えています。

アマデウスは、このページまたは継承者の所在地に新しい版を公開することにより、このコミットメントを変更することができます。

定義

「対象ライセンス」とは、GNU一般公衆利用許諾書(GPL)、バージョン2(GPLv2)、GNU劣等一般公衆利用許諾書、バージョン2.1(LGPLv2.1)、またはGNUライブラリ一般公衆利用許諾書、バージョン2(LGPLv2)をいい、すべてフリーソフトウェア財団により公開されています。

「防衛措置」とは、アマデウスがお客様またはお客様の関連会社によって開始された以前の手続または請求に応じてお客様を訴える訴訟手続または請求をいいます。

「アマデウス」とは、アマデウスITグループおよびその子会社をいいます。

本成果物はクリエイティブ・コモンズ帰属継承4.0国際利用許諾書に基づき利用可能です。