60px

451px

Amadeus

ブログ

どのようにシンガポール航空がアマデウスとともに収益管理を進化させているのか

航空会社が非常に困難な環境で運営されていることは秘密です。 長年にわたり旅行業界で働いてきたので、競争が今日よりも激しくなったことは確実にありません。

収益管理システムは航空会社の座席収入の最大化に重要な役割を果たします。シンガポール航空は、次世代のアマデウスの出発地および目的地のソリューションを選びました。同時に顧客の旅行を再設計し、同社の既存のツールとプロセスをこれに適合させる方法を変更しました。 

これには複数の理由があり、相対的に好調な市場が主な理由でした。シンガポール航空は、経済の上昇局面を効果的に活かして収益を伸ばすため、2017年に新しい収益管理システムも導入しました。

アマデウスのシステムはシンガポール航空の顧客のタッチポイントの多くを支えているため、収集されたすべてのインサイトを活用するのに最適でした。こうして、この航空会社は顧客をより良く理解し、顧客が支払う意思があり、それでもまだその航空会社にとって経済的に意味のある価格で、賢くオファーすることができました。 それに加えてシンガポール航空で、当社は進化が続く情勢を理解するだけでなく、時代を先取りするために革新に長期的に取り組むパートナーを見つけました。

システムは、それを使う人々次第です。事実、システムの変更が最も簡単な部分です。さらに困難でありながらシンガポール航空にとって重要だったのは、新しい収益管理システムを最大限に活かすためのビジネスプロセスの変更と組織の調整でした。  

専任のアマデウスチームが内部の変更を指導しながら、収益管理と価格設定の分野で適切なスキルセットと心構えを持つ人々とともに適切なプロセスを導入するために、シンガポール航空と密接に働きました。 

2017年早期にソリューションを導入してから、シンガポール航空のフェアファミリーの最適化において、実績が当初の見積もり(2.5%の収益改善)を超え、大幅な向上を見ました。有効座席キロ当たりの旅客運賃収入(RASK)の向上と並行して、この航空会社では、これまで人手の作業が必要だった多くの運用業務が自動化され、職員の生産性に上昇が見られました。この企業は投資に対する利益を既に回収し、数年で初めて乗客飛行収入が増加しています。 

今後も当社はシンガポール航空と協力し、業界の現在の能力を超える革新的な価格最適化ツールを取り入れる方法を考えます。これらのツールを使用して、航空会社は旅行の属性と現在の市場状況を考慮しながら価格をリアルタイムで調整して、顧客に提案します。  

航空会社は、マーチャンダイジングプラットフォームを通じて個別のパッケージを積極的に提供するために、顧客が旅行に欠かせない従来の空輸空間の先を思い描き始めています。  これは、収益管理の全周期に立ち戻り、どちらかというと総収入管理になります。 

当社がシンガポール航空と成し遂げたことですが、これに向けた最初のステップであり、私たちの前途にあるワクワクする旅なのです。

詳細についてはケーススタディをお読みください。