Amadeus Virtual Airfield Management System (VAMS)

常に良好な視界を確保。目が届かないエリアの安全で信頼あるライブビデオをAmadeus Virtual Airfield Management System(VAMS)により遠隔で見られます。

貴社ビジネスにとってAmadeusデータセンターにアクセスする最良な接続オプションと機器をご選択ください。

製品

窓からの眺めをシミュレート

地理的レイアウトまたは工事など一時的な作業が原因かに関わらず、RAMPタワーからすべてを見通すことは必ずしも可能ではありません。そこでAmadeus VAMSのビデオテクノロジーが高費用効果ソリューションとして威力を発揮します。

ビデオを活用して視界が悪いエリアを見通す

Amadeus VAMSは複数ビデオセンサーを用いて視界が悪いエリアのライブフィードを行います。空港エプロン、除氷パッド、駐機場の窓からの眺めをシミュレートします。従来のRAMPタワーで見通せない場所すべてに対応します。

ライブビデオでリアルタイムの視界を

リアルタイムの視界不良エリアのビデオフィード、ライブフィードする場所を選択可能。複数エリアをモニタリングしてリアルタイムで対応可能。

1つのワークステーションからの完全な視界

すべてのビデオフィードを組み合わせ完全な概観を1つのワークステーションで見られます。これによりオペレーターは単一の遠隔ワークステーションからすべてを完全に見通せます。

あらゆる天候で視界を確保

Amadeus VAMSを用いることで極度な反照、雨、雪などあらゆる天候条件で視界が保たれます。これは、厳しい天候条件により視界が悪くなりがちなロケーションに最適であると言えます。

Searidgeテクノロジー採用により実現

Amadeus VAMSは、Searidge IntelliDAR™システムを活用。ネットワーク化された複数のビデオセンサーからのビデオを処理して、リアルタイムで任意エリアの標的を位置特定できます。

熱探知カメラによるビデオ撮影

ビデオは熱探知カメラにより撮影され、コンピューター視覚アルゴリズムで処理されます。不審な標的が検出されると、継続的に追跡し、位置を特定し、さまざまな属性を割り出し、滑走路からゲートへ航空機ハンドオフをスムーズに行えるようにします。

複数のカメラ画面を一つに統合

Searidge ATC-Gradeビデオシステムは複数のカメラ画面を直感的に統合し、一つの窓からの眺めとして関心領域をシミュレーションします。

可視光・熱探知カメラを使用

Pan-Tilt-Zoom(PTZ)機能付きの可視光カメラと熱探知カメラの両方を用いるAmadeus VAMSにより、管制官は状況を完全に見通し確認できます。そのため管制官は自信をもって、地上トラフィックを安全かつ効果的に管理できます。

空港監視データと統合

Amadeus VAMSは、Searidge IntelliDAR™追跡データを既存の空港監視データソース(ASDE-X or A-SMGCSなど)に統合し、Amadeus空撮ビューディスプレイに表示します。

製品のハイライト Amadeus VAMS

目が届かないエリアの安全で信頼あるライブビデオで。Amadeus VAMSが視界を良好に確保します。

視界不良エリアをアルタイムのビデオフィードで見通し、場所の選択も可能です。
全ビデオフィードを単一遠隔ロケーションの単一ワークステーションから閲覧。
極度な反照、雨、雪などあらゆる天候条件で視界が保たれます。
安全で信頼あるビデオフィードで目が届きにくいエリアを常に見通します。
最先端のPan-Tilt-Zoomカメラ機能であらゆる状況を撮影可能。
リアルタイムで任意エリアの標的の位置を特定。
貴社オペレーションに合わせて拡張可能。

Amadeusのソリューションの詳細については、私たちにお問い合わせください。