Amadeus Airport Operational Data Base (AODB)

フライト情報を365日前に得られるとしたらどうでしょう。オペレーション効率をどのように改善できるでしょうか?Amadeus AODBで実行しましょう。世界の航空会社95%のスケジュールを、丸一年間事前に提供します。

フライト情報に365日前にAmadeus AODBでアクセスして事前プランニングしましょう。

製品

事前に365日を見通してプランニング

Amadeus AODBは、世界の航空会社スケジュールの95%を365日前から提供します。事前に1年間を見通してプランニングすることができます。

1年先を見通す

Amadeus AODBでは、世界の航空会社95%からのフライト情報を丸一年間先に見通せますので、未来へと踏み込みより効率的なプランニングが可能です。

旅客とトラフィックの長期的見通しを活用

Amadeus AODBは旅客とトラフィックの予測に関する長期的な見通しを提供します。それに合わせて資源をプランニング・割当てして、資源の無駄を最低限に抑えます。

フライトデータアップデートを自動受信

フライトデータの手動入力には多くの時間と資源が必要です。Amadeus AODBではライブフライト情報フィードから自動でアップデートを受信できますので、時間と資源の節約となります。

費用と収入を予測

Amadeus AODBでオペレーションをより良く見通せるため、将来の各ターンアラウンドサイクルの費用と収入を正確に予想できます。

ターンアラウンドをリアルタイムでモニタリング

AODBモバイルアプリにより、ラップトップ、電話、タブレットから、グランドハンドリングオペレーションをリアルタイムでモニタリングできます。

あらゆる携帯デバイス経由で完了時間を入力

AODBモバイルアプリを使って、スタッフはどのフライトとタスクを担当するかを確認できます。また完了時間もあらゆるネット接続機器から入力できます。

リアルタイムアップデートを同期

スタッフが入力した情報はAODBと同期化され、監督者はリアルタイムで空港での活動をモニタリングできます。

潜在的な遅延と連鎖反応を予測

Amadeus AODBは潜在的な遅延とフライト出発に起こり得る連鎖反応も予測できますので、時間に間に合うよう対処し必要な措置を講ずることが可能です。

クラウド経由でどこでもAmadeus AODBにアクセス

Amadeus AODBは最先端のデータセンターでクラウドホストされています。インターネット接続があればどこでもアクセスできます。費用がかさみ複雑なローカルインフラは必要ありません。

ローカルインフラ費用を排除

Amadeus AODBは最先端のデータセンターでホストされています。そのため費用がかさみ複雑なローカルインフラは必要ありません。ローカルなインストール、メンテナンス、ホスティング費用が不要なため、お客様およびお客様の空港オペレーション費用を節約できます。

定期アップデートを受信

当社はコミュニティプラットフォームに継続的に投資し開発しています。お客様に定期アップデートをお届けし製品を改善してまいります。

フライトアップデートをリアルタイムに共有

Amadeus AODBは複数空港で同時に動作可能なため、フライトアップデートを直通でリアルタイムに共有できます。

最先端設備の安全なホスティング

全Amadeusのクラウドベースソリューションは最先端で安全なデータセンターでホストされています。そのためお客様データは常にセキュアで保護されています。

その他Amadeusソリューションとの統合

Amadeus AODBはさまざまなAmadeus製品と統合できますので、お客様のあらゆるITソリューションでの体験がシームレスとなります。

旅客処理との統合

Amadeus AODBは、旅客処理ソリューションであるAmadeus Altéa DC for Ground Handlers - Customer Managementと統合可能です。

フライトオペレーションとの統合

Amadeus AODBは、フライトオペレーションソリューションであるAmadeus Altéa DC for Ground Handlers – Flight Managementと統合可能です。

スタッフ・機器管理との統合

Amadeus AODBは、スタッフ機器ソリューションであるAmadeus H-RMSと統合可能です。

請求との統合

Amadeus AODBは、請求ソリューションであるAmadeus PROPworks®と統合可能です。

荷物照合との統合

Amadeus AODBは、荷物照合ソリューションであるAmadeus BRSと統合可能です。

情報フィードを自動的に共有

AODBとその他のAmadeusソリューションの間で情報フィードが自動的に共有されますので、手動でのデータのアップデートが不要となります。

空港管理システム

Amadeus AODBは、Amadeus Fixed RMSおよびAmadeus FIDSを含む当社AMSソリューションと統合可能です。

製品のハイライト Amadeus AODB

事前に365日を見通してプランニングします。リアルタイムモニタリングでオペレーションを常に把握します。フライト情報の自動アップデートで遅延を回避します。上記プラスアルファをAmadeus AODBで行えます。

世界の航空会社95%のフライト情報に365日前からアクセスし事前にプランニングしましょう。
フライト情報アップデートを自動受信し常時状況を把握して、手動アップデートの手間を省きます。
オペレーションをリアルタイムでモニタリングして、遅延を減らし不測の状況に対処します。
Amadeus AODBはクラウドホスト型式で、ネット接続されたラップトップ、電話、タブレットでアクセスできます。
ローカルインフラ費用がかからず定期アップデートにアクセスでき、追加費用なしで自動的に展開できます。
Amadeus Altéa DC, H-RMS、PROPworks®、BRSを含むその他のAmadeusソリューションと統合できます。
最先端のデータセンターでセキュアにホストされています。

Amadeusのソリューションの詳細については、私たちにお問い合わせください。