60px

451px

Amadeus

ケーススタディ

マレーシア航空は旅客の体験をユニークなものにする取り組みにより、付帯サービスの収入を90%増加しました

言語を選択してください。この記事は複数の言語でお読みいただけます

マレーシア航空は顧客サービスを中核サービスとし、温かく心のこもったおもてなしを大切にするマレーシアのホスピタリティの真の価値を引き出すため、旅客のための特別な体験を創出、提供しています。

「Amadeus Anytime Merchandisingソリューションを使用し、マレーシア航空は、プロモーション、広告からコミュニケーションまで、さまざまなマーチャンダイジング手法を分析ツールと組み合わせて展開して、付帯サービスを強化するとともに、当社のサービスを完全に管理し、このソリューション利用開始2ヶ月後には付帯サービスの収入を90%増やすことができました」

マレーシア航空付帯サービス・マーチャンダイジング責任者Kishore K. Suppiah 


マレーシア航空ではマーチャンダイジングを重要な成長分野と位置付けており、顧客固有のニーズと好みに応じて、あらゆる種類のAncillary Services(付帯サービス)とそれらのサービスパッケージをご提供できるようになりました。 

このケーススタディでは、マレーシア航空がターゲットを絞ったサービスを提供して、18ヶ月で優れたビジネス結果を出すために使用するさまざまなマーチャンダイジング手法について見ていきます。 


この記事は他の言語でもお読みいただけます: 英語, 中文(中国)

詳細については、このケーススタディをダウンロードしてください。

ケーススタディをダウンロード