60px

451px

Amadeus

プレスリリース

JALとアマデウス、戦略的パートナーシップを締結

Neil Rogan

Corporate Communications, APAC

言語を選択してください。この記事は複数の言語でお読みいただけます

日本航空(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)とAmadeus IT Group S.A.(本社:スペイン、最高経営責任者兼社長:ルイス・マロト、以下「アマデウス」)は戦略的パートナーシップを締結しました。

このパートナーシップに基づき、JALは日本国内の旅行会社に対して、国際線を予約する際にはアマデウスが提供するGDSシステム「Amadeus Selling Platform Connect(アマデウス セリング プラットフォーム コネクト、以下「セルコネクト」)」の利用を推奨します。「セルコネクト」の利用により、JALが導入している旅客サービスシステム「Amadeus Altéa(アマデウス アルテア)」とリアルタイムで正確かつ効率的に予約情報が共有され、お客さまへよりスムーズなご案内が可能となります。

今後も両社は、お客さまにとっての利便性を最大限に向上するよう協力してまいります。

Yoriyuki Kashiwagi, Executive Officer, International Pn Airlines and Mieke De Schepper, EVP, Online Travel & Managing Director, Asia Pacific, Amadeusassenger Sales, Japa

追跡

旅行販売業者, Live Travel Space, 旅行検索, GDS, 日本, マーチャンダイジング


この記事は他の言語でもお読みいただけます: 英語, 中文(中国), Español, Deutsch, Français