60px

451px

Amadeus

2018年末のJohn Jarrellの退職を受け、Bruno Spadaがアマデウスの新しい空港IT責任者に任命されました。

同氏は、アマデウスのビジネス全般で幅広い経験があり、特に研究開発を重視しており、ロンドンのデパーチャー・コントロール・システム(DCS)フライト管理製品の研究開発チームを率いてきました。5年間にわたり顧客との実装に取り組むなど、Altéa DCSを商業的に立ち上げたチームの一員であったことから、空港のIT環境についても詳しく理解しています。

直近では、マドリードの商業金融チームを率いています。

「アマデウスの空港事業部のビジョンと方向性に強く惹かれました。研究開発および地上業務に関連したソリューションの提供においてこれまでの経験があるため、このビジネスモデルについて広く理解することができます。アマデウスがこの分野でリーダーになれるよう全力でサポートします。」と同氏は語りました。

また、同氏は次のように続けました。「ビジネスニーズに合ったソリューションを開発し、新たな機会を創出できるよう、お客様と協力して取り組むことは、アマデウスの空港ITチームが常に取り組んできたことです。この素晴らしい仕事を続け、空港とグランドハンドリング会社が彼らの航空会社の顧客と旅行者の両方に効率的なサービスを提供する新しい方法を見出せるようお手伝いできることを心待ちにしています。当社の事業の継続性と安定性、サービスの質と提供を保証し、今後もイノベーションに重点を置いていきます。」


この記事は他の言語でもお読みいただけます: 英語, 中文(中国), русский, イタリア語