60px

451px

Amadeus

ブログ

競争の激しい空港ではデジタルの成熟度が重要

マルガリータ・デ・ルカス

空港ITマーケティング・通信部長、アマデウス

記事を読む 英語, Português (Brasil), 中文(中国), русский, スペイン語, ドイツ語, フランス語, イタリア語

旅行業界に属する企業の間での成長のための競争の激化により、従来の競争の境界が曖昧になっています。空港のビジネスモデルや、空港のエコシステムでのパートナーにとって、この結果は様々なレベルで明らかになっています。

年間2500万人以上の旅行者が利用し、そのうち少なくとも25%が乗り継ぎ客である空港は、国内線専用空港、地域のハブ空港そして世界の「メガハブ」との高まる競争に直面しています。その一方で小規模な空港は多くの場合、航空会社を誘致し、つなぎ留めるための激しい競争に巻き込まれています。

デジタルテクノロジーは、幅広い新しい機会と競争他者から差別化する方法を空港に提供します。例えば、プレミアムサービスにより生まれるする新たな収入源、最適化された運航パフォーマンス、そしてよりよい旅行客体験により、航空会社の顧客に対してより魅力的な価値の提案ができるようになります。

航空インフラと財務の最適化の圧力

航空会社間の競争と変化するビジネスモデルの進化する性質により、既存の空港モデルに対してさらなるストレスが生じています。モバイル端末やデジタルテクノロジーにおける急速な発展により可能となった、旅行客と航空会社の双方からの期待により、空港は、10~15年前とは全く異なる一連の物理的、そしてデジタル面でのニーズに直面しています。同時に空港は、本質的に資本集約的なビジネスであり続けています。空港の所有構造により経営状況が影響を受ける可能性があるとはいえ、全ての空港は、運営総費用を最適化しつつ、現在の設備でより多くを実現するための圧力にさらされています

デジタルテクノロジーを包摂する空港にとっての転換期

デジタル化への協調的アプローチを定義しようとする兆候があります。 その好例は、NEXTT(旅行とテクノロジーでの新しい体験)イニシアチブです。IATAとACI(国際空港評議会)との協力により開発されたNEXTTの目的は、旅行客と業界のために最も安全、効率的かつ持続的な形でシステムを統合し、運営を改善する潜在的な方法を模索します。しかし、多くの場合空港は独自のデジタルロードマップを定義する必要があり、主導的なプラクティスは未定義のままです。空港は、現在の旅行客数または顧客の多様なニーズに対応できていないという理由により、既存の空港ビジネスモデル、関連する物理的、ITインフラは転換期に直面しています。

文化的な変化を過小評価すべきではない

デジタルトランスフォーメーション計画の実現において、空港は、デジタル投資に関する数多くの障壁に直面しています。導入コストは間違いなく重要な要素ですが、デジタル変革の阻害要因は決して「ハード」要因に限定されるものではありません。アナログの労働力へのデジタル面の概念の統合に関連した「ソフト」面での問題は過小評価してはならず、既存の労働力の年齢、スキルや能力に対応しない可能性のあるさまざまな作業方法が要求されることが少なくありません。

このさまざまな展望の文脈において、アーサー・D・リトルのデジタル空港成熟度モデルは、異なるレベルのデジタル空港成熟度を査定する枠組みを提供します。これはまた、既存の運営の安全性と継続性を維持しつつ、不可避なビジネス変革に向けて準備する際に、空港にとっての主要な検討事項の概要説明にも使うことができます。

この背景を意識して、報告書空港デジタルトランスフォーメーション:運営パフォーマンスから戦略的機会まででは、空港4.0テクノロジーが果たせる役割に焦点を当てています。空港の総運営費用の最適化支援だけではなく、空港の価値提案を拡大する役割もあります。

 

文書をダウンロードして詳細をご覧ください!

ホワイトペーパーをダウンロード