60px

451px

Amadeus

ブログ

各空港のデジタルトランスフォーメーションの異なるニーズに対応する

マルガリータ・デ・ルカス

空港ITマーケティング・通信部長、アマデウス

本質的に空港は、旅行客と貨物を効率的に安全に処理するために存在しています。しかしながら、空港は同時に、数多くのパートナー組織のビジネスモデルにとっても不可欠の存在です。これらには、航空会社から荷物取扱業者、その他第三者のサービス提供業者が含まれます。

この共通の目的に関わらず、空港はそれぞれ異なり、デジタルトランスフォーメーションに関して異なるニーズと優先事項があります。例えば、短期的な運営課題に対処するため、新たな「ポイント」ソリューションを提供することによりデジタルの魅力が重要となる空港もあれば、根本的に異なるビジネスモデルまたは運営モデルへの移行に対して意欲的な空港もあります。また、空港ブランドの強化においいてデジタルが果たす必要のある役割を認識する場合、実現するべきより微妙なポイントもあります。

各空港のデジタル成熟度は異なる

空港デジタルトランスフォーメーション:運営パフォーマンスから戦略的機会までレポートのためにインタビューを受けた空港の大部分は、自動サービスと処理能率の「新しい基準」(空港2.0)から、フローのモニタリングと旅行客処理の最適化向けのデジタル使用(空港3.0)に向けて移行していると考えていました。 しかしながら、移行を目指す空港の間には大きな違いがあり、その中には、相対的なテクノロジーの理解、その結果のインサイトに対する対応能力、そして空港のデジタル能力の全体的な一貫性や焦点における違いが含まれます。例えば、空港の中には、旅行客体験の積極的な管理向けにインサイトを活用するため、旅行客フローのモニタリングからのインサイト抽出に慣れているところもあります。しかし、他の空港では依然として基本的なモニタリング能力の開発(場合によってはパイロットの下で)、または関連テクノロジーの十分な理解の開発に焦点が当てられている場合もあるでしょう。 

アーサー・D・リトルのデジタル空港成熟モデル
アーサー・D・リトルのデジタル空港成熟モデル

 

同じ空港は2つとない

デジタル空港の展望における異なった成熟レベルは、デジタルテクノロジーの潜在的メリットに対して空港が割り当てる優先度に反映されています。運営の能率、収入の創造、コストの効率や改善した旅行客体験が、どの空港においても投資すべき共通の優先課題であることは確かです。しかし、各分野に割り当てられる重要性は、空港の規模、地理的位置、所有構造、規制や営業面での好みにより異なります。4.0に移行している空港は、空港ブランドの強化においてデジタルが果たすべき役割を認識しています。例えば、厳密なコストの最適化というよりも、収入獲得の価値に連動した空港の全体的な提供サービスの一環として、航空会社の設立コストを削減すべくデジタルソリューションが提供する価値です。

何もしない場合、空港にとってリスクが発生

プラスのメリットの達成に加え、空港のデジタル投資への意思決定が、採用しない場合のコストを積極的に緩和するニーズによっても推進されることに注目することが重要です。一連の、いわゆるデジタルテクノロジーリスクに由来する総体的な優先課題のために行われた調査では、「何もしない」リスクが広く認識されていることが示されています。特に空港が他の空港と直接競争にさらされる場合、競争面での長期的なメリットの手段として、デジタルの使用に対する強い動機がある場合があります。

多くの場合、これらのリスクは空港に限定されたものではありませんが、航空会社の顧客にも影響を与えます。場合によっては、特に支配的なホームハブポジションを備えた各国のフラッグキャリア間で、空港と航空会社の提携関係が確立され、両者にとってメリットのあるデジタル変革戦略が推進されます。

空港のデジタルトランスフォーメーションに関する詳細をご希望ですか?空港デジタルフォーメーション:運営パフォーマンスから戦略的機会までレポートをダウンロードしてください。

文書をダウンロードして詳細をご覧ください!

ホワイトペーパーをダウンロード