60px

451px

Amadeus

ブログ

ライブ旅行スペース:出張に関しては、すべてが好む味付けはありません

Axel Mueller、

企業営業部長、アマデウス

言語を選択してください。この記事は複数の言語でお読みいただけます

人間と同じように企業はそれぞれ異なります。大企業もあれば中小企業もあり、旅行管理において特定のスタイルを好むい企業もあります。文化、地域、組織の環境はすべてこれらの好みに影響します。ライブ旅行スペースへの進化の一環として、当社は、企業の出張と旅費(T&E)戦略の間の類似性と相違の理解に努めています。

各企業のT&Eプログラムはそれぞれ異なります

T&Eプログラムは多くの場合、企業の構造や出張のパターンによって左右されます。自動車メーカーの場合には、大半の出張は企業のメインハブと生産設備との間という非常に安定したパターンとなります。一方、専門職のサービス企業は、その顧客のプロジェクトと優先課題に伴い、出張の構造はより柔軟である場合があります。前者では高度な自動化、オンライン機能の導入、出張者の自動サービスのための優れた指標となりますが、後者では旅程はより複雑となり、要求の高い出張者のための旅行管理会社(TMC)パートナーの念入りなサービスが生み出されます。

企業のT&Eプログラムの設計と導入の方法も異なり、中核業務の運営方法に大きく影響されています。例えば、業務構造が分散化しているか垂直構造かによって異なります。T&Eプログラムは通常先例に倣い、強力な権限なしに任意のグローバルな枠組みのみを提供する場合が多くなります。

当然ながら企業の規模も大きく影響します。意思決定のプロセスは、企業が大きいほど複雑化する傾向にあります。さらに、内部ステイクホルダーの管理もより複雑となります。一方で文化的な要素もあり、米国に本社のある多国籍企業は、グローバル戦略の実施においてより中央集権的でトップダウンになる傾向があることを当社は把握しています。欧州の企業の多くは地域差を受け入れ、業務領域内でどの戦略を適用するかについてコンセンサスを目指す傾向にあります。欧州ではよりグローバル化されたアプローチを採用する傾向があり、また地域間での強調を目指す動きがあります。

 

しかしながら、企業のニーズには共通点もあります

あらゆる企業は費用、コンプライアンスと、旅行の選択における出張者の個人的な嗜好との間で適切なバランスを見つける必要があります。これらの目的を果たすために最善な異なる戦略を選ぶことができます。しかしながら最終的には、旅費の節約目標を達成し、投資に対するリターンをすぐに達成したいと考えています。出張者の期待が行楽旅行によって大きく影響される場合、これは言うは易く行うは難しです。

現在出張者は、企業のビジネストラベルプログラムで同じ体験を求めています。当社はこれを出張者の「消費者化」と呼んでいます。これは、素晴らしいユーザーエクスペリエンス、旅行者中心の観点、そして最高のコンテンツを持つ直感的なユーザーインターフェースの提供を意味します。ここでのイネイブラーは適切なテクノロジーです。企業出張者を継続的にエンゲージさせ、採用率が高いものである必要があります。テクノロジーは、最高のコンテンツとユーザーエクスペリエンスを提供することにより、企業のトラベルプログラムに沿うよう、これらを簡単かつ楽しいものにする必要があります。アマデウスは企業に対応し、その将来の課題と機会に対応する準備ができています。

Amadeus cytric Travel & Expenseは、当社のAmadeus Travel Platformを基に構築されており、よりスマートなビジネストラベルを実現し、ビジネスのデジタル化を支援し、企業と従業員の両方にメリットを提供します。当社のテクノロジーにより、企業は、異なるソースから多様でバイアスのないコンテンツが得られ、これにより出張者は他の場所で予約することは不要となります。さらに企業は、目的に合うコンテンツを出張者が閲覧できるようにすることも可能です。これらには、企業の「異なる嗜好」に順応し、既存のIT環境に組み込むことのできる柔軟性があります。

これらは全て、成長を促し将来のトレンドに備えるライブ旅行スペース  を顧客と共に構築するという、より壮大なイニシアチブの一部です。当社はオープンでダイナミックに接続されることを目指し、顧客にもこれを提供することを目指しています。