60px

451px

Amadeus

ブログ

マーチャンダイジング: ミスター・セルフリッジの教訓を活かす

Anna Kofoed

Executive Vice President, Travel Content Sourcing, Travel Channels, Amadeus

あらゆる小売業者の目的は、顧客の注目を集めることです。 買い手を単に売りに出すことはできません - 買い物は雑用ではなく、経験でなければなりません。

1909年にロンドンのオックスフォードストリートで初めて開店したデパートの、明確なビジョンを持った創立者であるミスター・ハリー・セルフリッジの物語を考察しましょう。ミスター・セルフリッジはショッピングの本質を変革した革新者でした。彼は顧客エンゲージメントを中核に据え、ショッピングを非日常的で触れることができる体験として始め、商品を低いカウンターの上に並べて、買い物客が最初から品物に触れて感じることができるようにしました。

ハリーのビジョンの下に、セルフリッジズはショーウィンドウ、開放的な通路、店舗内エンターテインメント、さらに女性用トイレを導入しました。セルフリッジズは、カラフルなショーウィンドウという建築革新で有名になり、今日まで模範的な店舗内体験であり続けています。

旅行業界は歴史からの教訓を保ちながら、一方で技術の進歩に対応し、利用し続けることが重要です。私たちは自らを問い始めるべきです。このデジタル時代において、開放的な通路や低いカウンターに匹敵するものは何でしょうか?残念ながら、航空会社のフラットベッドを購入前に実際に触れて感じることは(まだ)できませんが、テクノロジーは旅行者向けに没入型体験を実現するほどの発展を遂げました。  

従来の予約体験

従来の予約体験の多くは特に感触がありません。航空会社の場合、通常、出発地、目的地、予約可能な日付、価格の要素などに基づいた希望座席の特定を含みます。ホテルの場合は、通常、エレベーターからの距離と高層階か低層階かです。鉄道の場合は、通常、静かな車両かどうかと相席かどうかです。旅行者に特定の旅行プロバイダーで受け取る体験の感覚があるかもしれませんし、おそらく特定のブランドへの期待がありますが、これらはセルフリッジズの体験からはほど遠いものです。

従来の体験では、商品に触れて感じ、深く理解することは不可能です。ただし、リッチコンテンツはこの状況を変えます。

リッチコンテンツの増加

デジタル広告と同じような、写真やビデオなどの情報をマーチャンダイジングフローにリッチな形式で取り込む機能は、少しばかりミスター・セルフリッジを超えたものを体験に変える見込みがあります。そしてうまくいきます。オペラメディアワークスの研究によると、モバイル広告世界の知識は、写真、ビデオまたは音声を組み込むと、通常のバナー広告と比べてクリックスルー率が4倍に上がることを示しています。
.

長時間のフライトを予約する際は、細かい点が本当に問題になります。たとえば到着時にビジネス会議があると、フラットベッドの質が重要です。たとえば、あなたの背は特に高く、座席の具体的な寸法を知る必要があります。あるいは、Wi-Fiが使用できるかどうか、座席の下にコンセントがあるかどうかを知りたくなるかもしれません。

人々がオファーについて豊富な情報を必要とする理由はたくさんあります。旅行者にこの情報を提供できれば、間違いなくコンバージョンが上がり、サービスを効率的に差別化できます。

今日、テクノロジーにより、旅行者はエコノミークラスとビジネスクラスの体験を対比する没入型ビデオやラウンジツアー、インタラクティブフォトを体験できます。顧客は商品に触れることはできませんが、ある程度仮想化できます。

そのため、このコンテンツはおそらくさまざまなビジネスモデルの下で複数のソースから利用できるようになります。旅行ビジネスにとって、自身のビジネスに対応したコンテンツの管理方法を決定およびカスタマイズする手段を持つことが最も重要です。幅広いリッチコンテンツにアクセスすることは、旅行販売業者に、すべての旅行者に対してそのサービスをパーソナライズするのに必要なすべてがあることを意味します。これがまさにアマデウスが旅行プラットフォームで行うことです。当社は、旅行販売業者がシンプル、迅速、正確に旅行者に対応し、よりパーソナライズした旅行を提供できるあらゆるタイプのコンテンツを1つのプラットフォーム上にまとめています。

次のステップ - 仮想現実

将来、私たちはミスター・セルフリッジを少しばかり超えたものを目指し、さらに刺激的な体験を目指して努力する必要があります。仮想現実には、旅行業界全体にとって重要でワクワクさせる新しい可能性があります。仮想現実の背後にあるテクノロジーは依然として成熟中であり、多くの消費者が採用するには距離がありますが、明らかに次のステップです。

ハリー・セルフリッジだったらどう考えるでしょうか…

詳細はこちら  Live Travel Spaceの一部として記憶に残る体験を作るために私たちが何をしているのかがわかります。

 

Find out more on the Live Travel Space website