60px

451px

Amadeus

ブログ

デジタルトランスフォーメーションをテーマとしたAmadeus Technology & Innovation Forum

Amadeus Technology & Innovation Forumが開催されてから10年が経過し、マドリードで開催された第10回会議では、デジタル化は旅行業界にとってもはや「あれば役に立つもの」ではなく、不可欠なものであることが明らかになりました。

アマデウス・スペインのFernando Cuesta経営部長は、欧州の旅行セクターがデジタル化の波に乗り遅れるわけにはいかない理由を説明しました。

 

TelefonicaのJavier Vizcaino Toscano部長は、説得力のある統計を数多く使い、デジタル変革においてどのように欧州の通信業界が群を抜いているかについて強調した、モーガン・スタンリーの最近の報告書について参加者に説明しました。販売のうち4分の1がオンラインで行われており、顧客への連絡7件のうち6件はデジタルチャネルで行われており、顧客の3分の2が電子インボイスを入手しており、インシデント6件のうち5件はリモートで解決しています。

病院では、症状チェッカー、バーチャルアシスタント、さらには人工知能を使用して患者体験を変革しています。サニタス病院のJesus Bonilla管理部長は、医療部門における変革におけるテクノロジーの役割について語りました。

 

デジタル化は現在進行形であり、アマデウスのビジョンとテクノロジーは将来の旅行を形作っています。アマデウスのトラベルチャンネルズ・グローバル航空コンテンツ採用戦略部長Ludo Verheggenは、IATAのニュー・ディストリビューション・ケイパビリティ(NDC)が、旅行業界全体に対して価値を提供していることをアマデウスが保証する方法の概要を示しました。