60px

451px

Amadeus

ブログ

どのようにして目的地は航空機が排出するカーボンリスクを管理できるでしょうか?

Dr. Susanne Becken

Professor of Sustainable Tourism at Griffith University, Australia

記事を読む 英語, Português (Brasil), 中文(中国), русский, スペイン語, ドイツ語, フランス語, イタリア語

目的地の二酸化炭素リスクについて疑問に思ったことはありますか? おそらくそうではありません。 しかし、私たち全員は、飛行が - 炭素集約的な活動 - ますます分類される可能性があること - を知っている。 航空業界は、より炭素効率の高いものになるためにかなりの努力を注いでいます。 通常、技術的および運用上の改善により、年間1〜2%の効率向上がもたらされています。

当社は、どのようにして目的地が航空機の炭素排出量に関連するリスクを管理できるかの調査を始めました。この調査「 A framework to help destinations manage carbon risk from aviation emissions(目的地による航空機が排出するカーボンリスクの管理を支援するフレームワーク)」は、需要に焦点を当てたアプローチをとり、目的地がカーボンの経済、金融、社会および環境のコストに対する絶対リスクと相対リスクを評価するのに役立つ10つのカーボンリスク指標を処理します。

現在、カーボンの議論は確実に役員室へ移動しました。重役たちは、次第に企業にとってのカーボンリスクの影響に対処しようとしています。炭素排出量の報告と公開は、一流企業の間で一般的な慣行になりました。投資家は、 炭素排出量が多いと認識した産業を売却しています。

投資ファンドのマネージャーのように、国々や目的地はどの開発経路が最小限のリスクで最大のリターンを生み出すのか比較評価を始めている可能性もあります。多くの国にとって、ツーリズムの特徴は特にさまざまで、航空ネットワークの拡張が優先されます。空の旅は炭素の排出をともなうため、直接リスク(将来の税金、コストの上昇)と間接リスク(空の旅に反対する社会社会動向)をもたらします。アマデウスのグローバルな飛行機旅行のデータは、これらのリスクを評価し、広い視野で競合する目的地と比較するのに役立ちます。

小さな島の目的地の 例として、モーリシャスとサモアのケースを考えてみましょう。2017年1月のデータを使用すると、モーリシャスを離れる乗客の平均旅行距離は5,766 km(グローバルで最長の1つ)、それにともなう平均二酸化炭素排出量は1人あたり422 kgです。サモアの場合、平均距離は3,804 km(1人あたり二酸化炭素は245 kg)で、主な市場であるオーストラリアとニュージーランドが地理的に比較的近いために排出量は少ないです。

アマデウスのデータは、さまざまな有用な指標に使用して、ネットワークと関連するカーボンリスクを評価することができます。たとえば、迂回路要素は、出発地と目的地の間の距離(直線距離)と実際の飛行ルートを比較できます。すべての空港で最も遠い迂回路は、インドネシアのパプアにあるノップ・ゴリアテ・デカイ空港までです。パプアに着くには、 旅行者は大圏距離よりも平均2,824 km長く飛ぶ必要があります。

目的地で400 km未満の旅程を旅行する乗客の割合を把握することも、電動飛行機の将来の見通しを理解するためにますます有用になるでしょう。たとえばペルーのクスコでは、2017年1月にほぼ12万人の乗客が出発しました。そのうち9.9%は短距離の旅程を 旅しました。これは、代替の可能性が比較的高いことを示します。

上記の例が示すのは、データの力とそれを理解して課題を成し遂げる機会です。アマデウスは、先予約や旅行のリードタイムの形などで、インテリジェンスの提供について目的地と既に協力しています。将来は、カーボン関連指標への関心が、特にすべてを環境に優しくしたい国々(コスタリカなど)や、投資の 将来を保証したい人々の間で高まるでしょう。

この調査の全文は、ツーリズムマネジメントが出版した研究論文「A framework to help destinations manage carbon risk from aviation emissions(目的地による航空機が排出するカーボンリスクの管理を支援するフレームワーク)」で読むことができます。